top of page
keiko12390.jpg

ABOUT ME

神奈川県茅ヶ崎・藤沢で育ち、14歳からダンスを始める。ダンスの専門学生当時、海外研修でニューヨークに行ったことをきっかけに、海外で踊るダンサーを目指し、英語も話せないまま22歳でダンス留学。

その後、日本とニューヨークでダンサー、ダンス講師、振付師の仕事をするが2003年、踊ることへの興味を失い突然の転職を決めWardrobe Supervisor (衣装さん) の道へ。ダンスカンパニーのツアーに同行し、衣装を直したりショーの準備をする仕事。その当時はまさか自分が衣装をデザインする日が来るとは思ってもいなかった。

ある日師匠であるEarl Mosley氏に「衣装を作ってみるか?」とチャンスを与えられたことをキッカケに、衣装デザインスケッチを描くことから縫製するまでの全てに自分のテイストを入れ、完成させる醍醐味を知りデザイナーとしての第一歩を踏む。後にも先にもデザイン学校に通ったことはなく、全て独学。

その後、瞬く間にダンスカンパニー、大学、ダンススタジオetcから依頼が増え、とうとう2015年ダンス業界の最頂点、Alvin Ailey American Dance Theater(AAADT) / 振付師Ron K. Brown氏の作品の衣装デザインを担当することが決定。その3年後の2018年にも二度目のAAADT衣装デザインを果たす。ニューヨークタイムズは通常ほとんどがダンサー&振付師の紹介のみ。それがKEIKOの衣装は必ずデザイナー名と衣装の素晴らしさについても記事になった。

2014年からは母校でもあるダンス専門学校の顧問を務め、Dance International Programという海外ダンス教育に精を出し、2019年にはKDesign Fitness (US)

レギンスデザインの会社設立、2021年にはKDesign Fashion (JPN)として海外輸入アパレル会社を設立し日本進出も果たす。

Keiko Voltaire , born in Japan, has been a dancer, teacher and choreographer for more than 20 years in both her native country and the United States. She trained with The Ailey School in New York City.

 

In 2003, she transited into a career as a wardrobe supervisor. She began working with Ailey II, Since then, she has been hired to work for companies such as Martha Graham Dance Company, Limón Dance Company, Lar Lubovitch Dance Company & Parsons Dance. In addition, she has worked as a Production/Stage Manager for Earl Mosley's Institute for the Arts (EMIA). Also she has been working as Wardrobe manager /residence costume designer for Fiorello H. LaGuardia High School. She became a director of Dance International Program in Japan in 2014. Additionally She established the company, KDesign Fitness in 2019. She established sister company, KDesign Fashion in 2021 in Japan.

Ms. Voltaire gives special thanks to God and her parents for encouraging and inspiring her to follow her dreams.

bottom of page